ちょっと変わった葬式に参列をしたこと

一般的な葬式には何度か参列をしたことがあります。
身内であることが多いですが、中にはお世話になった人など参列をしたほうがよい場合もあります。
弔問客に制限を設けず、来ていただいただけでよいですという遺族も多いです。
弔問をお願いするのではなく、お悔やみの気持ちがある場合には参列をするという考えもあるでしょう。
しかし最近では一般葬ではなく、近親者のみで執り行う家族葬が増加をしています。
家族葬にも参列をしたことがありますが、住んでいる地域が違えば葬式の儀式そのものも変わってくるものだと感じることがあります。
収骨の際に故人の家族のみ遺骨を直に触って納めるということがありました。
専用の箸は使わないという地域もあるようです。
忌中払いも故人が好きだったものを並べるということだったので、細かいところまで葬儀会社にリクエストをすることが出来る、という葬式でしたが、初めての経験に戸惑うこともありました。
家族葬だったから、というだけではないよいです。

sabu用置換

sabu用置換